正社員の歩き方

うつ病フリーランスライターの萩田はぎ(@hagi_hagita)です!

今日、何気にtwitterを眺めていたらハッシュタグで「#俺正社員になる」というのがトレンドに流れてきました。

何んとなーく、自分もこの件について発信したところ結構共感が得られたので、どうせならしっかり書こうかなと思い、記事にすることにしました。

因みにそのツイートはこちら!

正社員という生き方に対してはプラスな意見やマイナスな意見、中立的な意見と様々だと思います。

  • 正社員の方が安定する
  • 正社員になれて夢が叶って嬉しい!
  • 正社員になれたけどやっていけるか不安
  • 正社員はきつい。辛い。やめたい。
  • 実際、正社員という働き方が正解なのか疑問

他にも色んな考えがあるでしょうが、大体これと似たような思いがあなたにもありますよね。

その思い、僕は全部分かります。

「全部の意見が分かるとか軽薄だなぁ」という声が聞こえてきそうですが、それは僕の経歴によるところが大きいです。

現在、フリーランスとして活動している僕ですが、経歴としては以下のような形になります。

・教員採用試験に合格!夢にまで見た中学校教員に!公務員経験を積む
 ↓↓↓
・業務過多や対人関係ストレスから精神病を発症。休職の末、退職。
 ↓↓↓
・未経験からWebエンジニアに転職!IT企業にてWebエンジニア人生のスタート!正社員経験を積む
 ↓↓↓
・業務過多や対人関係ストレスからうつ症状発症。色々もがいてみるも晴れて(?)うつ病患者になり就業困難で退職。
 ↓↓↓
・社会で生きていくことなんて無理ゲーと絶望するもフリーランスという働き方に出会う←イマココ
自分で見ても引いてしまうくらい不適合者ですね(笑)
でも、このように公務員→会社員→フリーランスと一通りのキャリアを積んでいる経験は特異かなと自負しています。
そのため、一通りキャリアを経験した僕なりの「俺正社員になる!」に対する持論をお話しさせて頂きます。

あくまで、個人的な見解ですがゆっくり見て行ってくださいね!

正社員として働けるあなたは素晴らしい

まず第一に、現在正社員として働いている、もしくは正社員で働こうとしているあなたは本当に素晴らしいです。

これは評価的な上から目線で言っているのではなくて、羨望的眼差しを基にそう言い切れます。

僕が正社員として失敗したからというのも勿論あります。

 

しかし、考えてみてください。

企業の中で働くってやっぱり凄いことで、正社員として働くまで知りえなかったことや業界知識など、あなたにしか出来ないことや分からないことが沢山ありますよね。

もし今、働き始めたばかりだったとしても、それでもやっぱりあなたは他の人が知りえないような、中に入らないと分からないような専門的な知識を持てる環境にいます。

これは尊いことで、あなた自身の大切な一部です。

それがもし、あなたが頑張って夢にまでみた業界で活躍されているのなら、それほど嬉しいことはないでしょう。

 

世の中には(特にフリーランスの人に多いが)、正社員なんてオワコンという論調の人がいますが、僕は全くそうは思いません。

 

世の中には沢山の付加価値があります。

その付加価値の主な担い手は企業、そしてその企業に所属する社員であるあなたです。

今の日本が世界的に見ても大変便利で住みやすい世の中であるのは、経済活動がさかんだからです。

経済活動がさかんだと、様々な企業がサービスや商品などの付加価値の提供を行うことが出来、それにより人々は安心な暮らしや楽しいひと時を送ることが出来ます。

よって、「仕事めんどくさい。」、「仕事楽しくない。辛い。」とあなたが思っていたとしても、あなた自身が関わった仕事はどんな形や思いであれ、世の中に付加価値を提供しています。

その付加価値の提供範囲が広く、また、専門性に優れた企業に正社員として働いているあなたは、絶対的に素晴らしいと言えるのです。

 

正社員という生き方は素晴らしいのか

正社員として働けている(働こうとしている)あなたは間違いなく素晴らしいです。

しかし、正社員という生き方は素晴らしいのかというと、本音で言えば「人による」としか言えません。

かなり元も子もない意見ですが、「正社員であるあなたが素晴らしい」=「正社員としての生き方は素晴らしい」というわけではありません。

ここでは、このまま正社員でいるべき人と、少し立ち止まって考えてみるべき人のそれぞれの特徴を記載します。

正社員という生き方が素晴らしい人の特徴

個人的には「正社員としての生き方は素晴らしい」と言える人はかなり限定的でしょう。

以下に、正社員としての生き方が素晴らしいであろう人の特徴を記載します。

 

正社員としての生き方が素晴らしい人の特徴

  • 自分の夢の舞台である
  • 自分のキャリアのための経験が積める
  • 今の会社に満足している

まぁ、間違いないですね。

もし、あなたが働いている場所に対して、上記のような気持ちがあるのであれば、あなたにとって正社員であることは素晴らしいことですし、あなた自身も感じていることでしょう。

簡単に言うと、今の現状についてあなたが幸せなら無理に正社員という肩書を捨てる必要はありません。

 

正社員以外の生き方も考えた方がいい人の特徴

正社員として働けることは素晴らしいことですが、それが全ての人に当てはまるとは限りません。

「正社員で生きる=普通のこと」という認識がまだ世の中にありますが、労働人口の正社員率は約50%だと言われています。

勿論、正社員になりたくてもなれない人もいるのは事実ですが、言ってしまえばたったの半分です。

それ以外の半分の人は、幸福度を度外視して話すと非正規雇用やフリーランスとして働き、生きています。

色々とガバガバ理論なのは承知で言いますが、つまり正社員ではなくても生きていくことは可能とは言えないでしょうか。

勿論、無責任に「正社員はクソ!皆、フリーランスになるべきだ!」なんて言うつもりは毛頭ありません。

しかし、下記のような特徴や思いがある人は、正社員だけが正解ではない生き方もあると考えてみて欲しいです。

その特徴とは以下の通りです。

 

別の道も視野にいれてもいい人の特徴

  • 仕事に振り回されている
  • 他にやりたいことはないが、今はこれしかないと思い込んでいる
  • 組織内にいると頑張りすぎてしまい、頼られるが仕事の量も非常に多い

上記の特徴の人の場合は、正社員という生き方が素晴らしいとは限りません。

人がゆとりを持てるのは、自分の生活に主体性が持てるときです。

それが、仕事に振り回されたり、頑張りすぎて頼られすぎてしまうとあなた自身の人生を主体的に過ごすことが難しくなります。

因みに、僕はこれらが原因でうつ病になりました。

 

山のようにある仕事、それでもプラスでいようとにこやかに接しているとまた沢山の仕事が来る。

中々上手く仕事が捌けなくて自己肯定感の消失。

このような悪循環が生まれてしまいます。

 

いきなり会社を辞めてフリーランスというのは壁が高く感じてしまうかもしれませんが、一番大切なのはあなた自身が幸せかどうかです。

 

少し立ち止まって考えてみるのいいでしょう。

正社員で働いている人にこれだけは言いたい

正社員で働いているあなたは本当に素晴らしいです。

僕は何回もやろうとトライしましたが、出来ませんでした。

なので、それが出来ているあなたは本当にすごいのです。

しかし、一番注意してほしいことは「会社=社会」という図式に嵌らないことです。

 

会社は村のようなものと言えます。

それぞれの村には村の中での決まりや作法があり、それに従わないものは怒られたり嫌われたりします。

しかし、それは村の中での話であり、それが社会通念であるように考えてしまうのはあなたがとても生きづらくなってしまい、危険です。

社会は沢山の村などの集団が集まって形成されているものなので、考え方や文化は千差万別ですよね。

正社員として働き悩んでいるとどうしてもその考えがなくなってしまい、自己嫌悪に陥ります。

 

もし、今の会社で上手くいかなくてもあなた自身に絶望しないでください。

その文化の中で合わなかっただけに過ぎず、あなたが無価値なわけではありません。

 

正社員になり切れなかった僕は、今フリーランスとしてのんびり生きています。

 

僕が思う正しい正社員の歩き方は、脇道があることを知りながら歩くことだと考えます。

 

今回はかなり観念的な内容になってしまいましたが、今後、僕なりの生き方や病気のことなどを詳しく発信出来たらと考えています。